たぶろぐ2

山口県周南市~広島県広島市西区の瀬戸内エリアのラーメン・グルメ情報が中心。

【木彫りの熊がお出迎え】
ん?お店の前に熊なんか居たっけ?
今の今まで全く気づかなんだ。

【独自&理想の会計システム】
店主、女将は基本的に会計に関与しない。
全てはお客に委ねられる。
野菜の無人直売所以外では見たことのないシステム。

【ネギとおろし生姜は別皿】
かけうどん350円(大盛/追加料金ゼロ)を注文。
ほぼ100%「ひやひや」指定の自分。
が、今回は年に1回の「あつあつ」に挑戦。

【かけうどん350円】
ほとんど醤油色に染まっていない透明感満ち溢れるつゆ。
ダシ感満載で切れの良いおつゆ。
じゃけど、冷やしダシの方がより切れが良いかも。

【かけうどん350円の麺ズーム】
やや硬めで結構な弾力感のある麺。
が、冷やし麺の剛麺パワーには後塵を拝する。
おつゆ、麺、共に「温・冷」の何れをチョイスするかは、あくまでも個人の嗜好。
あくまでも自分の好みだが、冷たくシャープなおつゆ&冷たくより剛性が高い麺の方がより好みだ。
偶にはあつあつもエーじゃろうって感じ。

【古代米入りご飯100円】
締めの古代米入り雑炊作成ミッション開始。
まずは、お茶碗内のご飯を天地返ししても型崩れしないように、箸でしっかり固める。
次に、躊躇は無用的一気に天地返しして、おつゆを残しておいたうどん丼にダイブ。

【古代米入り雑炊(風)完成の図】
そして、使わずに保有しておいたネギを古代米山脈の周りに投入し、一味唐辛子をパラパラ。
最後に、やはり使わずに保有しておいたおろし生姜を古代米山山頂にONして、古代米入り雑炊(風)の完成。

で、丼中の各具材とおつゆを豪快に混ぜ混ぜして、一気に書き込む男系実食の実行。
短い総実食時間にも関わらず、ストーリー・起承転結のある一麺&一飯を堪能した。



本格手打 克 本店(ほんかくてうち かつ ほんてん)

所在地/山口県熊毛郡田布施町大波野282-3
電話番号/0820-52-3867
営業時間/11:30~14:00(材料がなくなり次第終了)
定休日/月曜日、火曜日
駐車場/あり
席数/カウンター10席
メニュー/メニュー1 メニュー2












管理者宛の投稿

管理人

管理人名:クー太郎
山口県在住。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント
リンク