たぶろぐ2

山口県周南市~広島県広島市西区の瀬戸内エリアのラーメン・グルメ情報が中心。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開店前に直撃
11:10。「営業中」のプレートが掛かっていたので、暖簾をくぐる。
大将「もうすぐですから、待っとってください」
自分「はひ」
外が寒いので、暖かい店内でお待ちいただこうというご配慮かな。

くうかいのかけうどん(ひやひや)
11:27。
男性店員「お待たせしました。最初のお客さんから順番にどーぞ」
割り込むお客さんもなく、整然と入店順に「お盆」を持って列ができる。
学食みたいじゃな(笑)
列は、とりあえずは10人位かな。
自分は3番目。
そうこうしているうちに、次から次へ来客が・・・やっぱ人気店だな~

順番が来た。
自分「かけうどんの「ひやあつ(麺冷・スープ温)」と「ひやひや(麺冷・スープ冷)」をお願いします」
男性店員「どちらかを、後でお持ちしましょうか?」
自分「いえ、(2点食いするので)一緒でいいです」

自分「ひやひやって、天カスは合わないでしょうかね?」
女将「いえ~。お好みで入れていただいてよろしいかと思います」
自分「そうですか(じゃいれちゃおーっと)」

ところが「ひやあつ」と「ひやひや」って、困ったことには、見た目が完全に被ってしまう。
ということで、両方の写真を同時に載せても面白くないので、今回はかけうどんの「ひやひや」についてのみレポしたい。
「ひやあつ」はまた気が向いた時にレポしちゃうもんね。

くうかいのかけうどん(ひやひや)
とにかく、麺がシコシコ。
柔らかいのにシコシコ。
モッチリしているのにシコシコ。
ひやひやにすることにより、麺が締まり、よりコシが強くなったようだ。
あわてて麺を啜りこむと、喉につかえてむせてしまうので要注意。
恥ずかしながら、自分もむせてしまった。

山口県のふにゃふにゃ丸うどんに慣れている自分にとっては、非日常の喉越しじゃ。
麺で勝負の店の面目躍如というところか。
車で片道50分弱かけてきたが、それだけの価値はある麺じゃな。

しかし、チョッピリ残念な点もある。
これは好みの問題かも知れないが、自分にとってはダシの塩分というか、醤油加減がやや強すぎる。
ほんの少し塩加減をセーブしていただくと、天下無敵のうどんになるんじゃないかな。

それにしても、秀逸な麺。
再訪は必至じゃな。

くうかいのかけうどん(ひやひや)
最後に大将の麺打姿をパチリ。
あれ?ガラスに色々な物が映りこんで、心霊写真みたいになったなー(笑)
いつか撮影の機会があったら、再度撮影して再掲載します。

手打うどんくうかい
所在地 山口県周南市栄町2丁目26【地図】
電話番号 0834-32-9811
営業時間 11:20~売り切れまで(200玉)
定休日 日曜日、祝日
駐車場 なし
席数 テーブル16席 カウンター8席
備付調味料 ゴマ、唐辛子、醤油、おろししょうが
メニュー(抜粋) かけ300円しょうゆ350円釜あげ350円湯だめ350円ざる350円冷やし350円肉釜玉500円カレー500円むすび120円いなり150円
※うどんは「ひやひや」「ひやあつ」「あつあつ」を選択可能
※各種トッピングあり
実食メニュー かけ(ひやひや)300円
訪店時間 11:10
過去の記事 かけうどん(あつあつ)
コメント うどんの本場、香川に行ってみたくなりますた。
最終更新日07/12/22

コノ店、大好きです^^

かけは「ひやあつ」が自分では好みです、と言いながら「ひやひや」は未体験です。
今度、食べてみます^^

むせたのは、小さな万能ネギの影響かと^^
のりさんへ
暖房がガンガンに効いているので、ひやひやもおいしくいただけました。

むせるのは小ネギのせいだったんですか?
ラーメンでもそうですが、ネギが万能ネギ(小ネギ)の店では、むせる人が多いです^^
思いっきり麺をススッた時に、小ネギが軽いために喉の奥に入ったり、場合によっては鼻奥に迷い込み、むせる様です^^
そういうメカニズムでしたか。
なるほどです。
解説ありがとうございます。











管理者宛の投稿

管理人

管理人名:クー太郎
山口県在住。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。